FC2ブログ

ベルソフトの社長ブログ

ホームセキュリティ

一昔前は警備会社といえば対企業の商売でしたが、最近は
「ホームセキュリティ」
という言葉の通り家庭のセキュリティーを守るイメージもだいぶ定着してきました。

大きなお宅には「SECOM」などのステッカーが貼ってあったりすることもしばしば。
警備会社のサービス対象をコマース向けに発展させた形といえます。

しかし、そんな業界にもITによる波が訪れるかもしれません。
http://www.iphone-girl.jp/2013/08/291041/
こちらで紹介されているのはDropCamというカメラ。

無線や有線でのWebカメラはたくさん出回ってきていますが、
こちらのカメラは米Amazonで1位だそうです。

赤外線LEDやモーションアラートなどの機能は当然ですが、
最大の特徴は月1,000円程度で専用サーバに7日分の映像を保管してくれること。

これによりこの会社はカメラを売りっぱなしにするだけでなく、月額利用料を
徴収するシステムを構築したといえます。

このDropCamの動画アップロード数はなんとYouTubeを上回っているとのこと。
すでにかなりの収益が発生していると思われます。

カメラという既存の技術にクラウドを足すことでサービスを向上させた
素晴らしい例です。まさにイノベーションといえるのではないでしょうか。
  1. 2013/09/12(木) 17:19:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100円のコーラを1000円で売る方法2

1は漫画版を買いましたが、2は待っても漫画が出なかったため、小説版を買いました。

小説版でも物語仕立てなのでとても読みやすく、実践に沿って様々な技法が解析されているため、
とても受け入れやすい本です。

しかも当社もソフトウェアを自社パッケージで持っており、規模は小さいですが、機能強化や売り込み方について
様々勉強になる内容です。

すでに同シリーズ3が出ておりますので近々買う予定です。

さて、内容についてですが様々共感できる内容でした。
特にPDCAという基本的な技法がありますが、Pを計画とせず仮説とし、高速スパイラルを起こすというのは
本当に必要と感じました。当社も売り方に様々悩まされていますが、もっと細かくもっと高速に
仮説思考で取り組む必要性があります。

事例として一人あたりのIT投資額と労働生産性に関するグラフが紹介されています。
企業もIT投資の必要性はわかっていても、イニシャルコストや本当に使いこなせるかなど
一歩踏み込めていない感があります。
しかしここで紹介されているようにIT投資が生産性を向上させ、業績を上げる一助になっていることは明白。
ITに任せる部分は任せ、もっと有効な部分にマンパワーをかけることが重要です。

最後に心に残った一言
本当に強いのは、
一人のスーパーマンが全部決めるチームではなく、
メンバー全員で知恵を出し合って勝つチームである。


さて、シリーズ3を買いに行きますか。






  1. 2013/09/11(水) 09:57:29|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

片貝まつり

昨日今日と2日間、世界一大きな4尺玉が打ちあがる片貝花火です。
長岡まつりは設営のため、まともに見れませんし他の花火も全く見ていません。

昨夜、ふと外を見ると遠くで花火が上がっており、ウッドデッキで15分ほど眺めました。

かなり距離があるのでとても小さく見えましたが、自宅でのんびり花火を見るという行為に
すこし浸った時間でした。

この花火は秋祭りの花火。季節はすでに秋ですね。
時間はあっという間に過ぎて行きます。

  1. 2013/09/10(火) 18:43:33|
  2. 地域
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死ぬ気で働いた後の世界を君は見たくないか!?

しばらくぶりに読書感想文。

タイトルにひかれて買いました。


作者の本気度合いが伝わってくる本。
総じて読み取れたことは、「現状に甘んじない」ということ。

今に満足しては成長しない。
人も企業も同じ。
先をめざし、上を目指さなければ何事も成長しない。

横ばいは衰退と考えるべきである。

そして、もう一つ共感したことが。
「見返りを期待せず、与えて与えて与えまくる営業。」

兄貴の・・・にも書かれていたことだが、これは事実。
人間関係において、与えられる側の人間になることが、大きなゆとりとなる。

ゆとりのある人間になるとは、こういうことなのではないだろうか。
  1. 2013/09/09(月) 16:35:20|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

t東京商工会議所「クラウドワークスクエア」

本日は東京商工会議所の「クラウドワークスクエア」にてセミナーをさせていただきます。
https://cwsq.jp/

東京駅より徒歩10分。素晴らしい立地の1Fに開催されたこちらは
「どこでも仕事ができる」をコンセプトにしたショールームだそうです。

当社のBeWorksもまさにどこでも仕事ができるをテーマに開発されました。

こちらでもたくさんのことを吸収して帰ろうと思います。
  1. 2013/09/06(金) 15:38:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び展示会の季節

どこの業界も同じだと思いますが、春と秋は展示会の季節。

当社は東京展示会1つ落選しましたが、以下の展示会に出展いたします。


10月24~25日 新潟国際ビジネスメッセ(新潟市産業振興センター)

11月13~16日 メッセナゴヤ(ポートメッセなごや)

1月15~17日 インターネプコン(東京ビッグサイト)


出展内容はもちろん、業務日報・情報共有システム BeWorks
徐々に拡大してきております!
  1. 2013/09/05(木) 11:08:12|
  2. ベルソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セミナー東京開催のご案内 【BeWorksで「労務費集計・実態把握」】

東京で開催!
45分で学べる企業改革セミナーのご案内です。

このたび当社製品BeWorksを使用した労務費集計による実態把握や
業務日報・情報共有による会社の見える化についてセミナー形式で
お話させていただくこととなりました。
直前のご案内となり、大変恐縮ですが、ご興味ございましたら製品について
詳しくご説明させていただきますのでぜひお申し込みください。

http://beworks.net/seminar.html
「労務費集計で実態把握」


京セラの稲盛氏が提唱している「管理会計」

どこで儲かっているのか、どこで経費が膨らんでいるのか
そしてもっとも目に見えにくい労務はどうなっているのか

仕事と時間の関係が手に取るようにわかる!

管理会計で実態把握をして原因分析を徹底!

そしてスタッフの意識改革へ繋げます!


◎セミナー内容

■管理会計の実施
■情報共有で会社を見える化
■報・連・相の徹底


◇こんな方にオススメ!

・人件費がどれだけかかっているかを見たい
・外出が多く、会社内の動きが見えない
・日々の業務のムダ、ムラをなくしたい
・紙の日報を電子化したい
・報・連・相が徹底されない
・スタッフの原価意識が低い

稲盛和夫氏の言葉
「売り上げを最大にし、経費は最小に。自ずと、差分の利益が最大に。」
とあります。

BeWorksは、この管理会計を日々の日報にて簡単に実現するための
「時間あたりの採算制度」を実践できる最良のツールです。
さらに業務日報による報・連・相と情報共有で、会社内の情報を透明化。

無駄の削減と効率化により利益向上が見込めます。


以下、前回ご来場者様のお声を一部ご紹介させていただきます。


<前回参加者の声>=====================

「面倒だった日報が、今は十分に活用できている」

「細かい部分を質問できる良いセミナーでした」

================================

http://beworks.net/seminar.html

お申込み締切まで、あとわずか!!
お早めにご検討ください。

◆ 9月6日(金)開催「クラウドシステム業務日報・情報共有システムで会社を「見える化」」
  東京商工会議所にて開催します
⇒http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-50336.html
  1. 2013/09/04(水) 18:26:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古本の買い取り

ふと、ネットで、「本買取 送料無料」という広告を見つけ、早速問い合わせました。

私は書籍を読み、参考になる部分をノートに書きだしておきます。
その関連で必要になるときにノートを見返すようにしています。

再度読み返さない本やスタッフに読んでもらうまでもないと思われるビジネス書約30冊を
買い取ってもらおうと申し込みを行いました。

分かっていましたが安いですね。
それでもよしと思いOKを出し、買い取れない本は戻してほしいと連絡したところ、
買い取れない本は返せないとのこと。うーん。ちょっと違うのでは。。。
買い取れない本は私の本ですよね。

ということで全部返品。

改めて別の業者に発送し、見積もりをお願いしました。

するとさらに安い値段で提示されてしまい、こちらもNG。

結局地元のBOOKOFFが無料で買い取りに来てくれるらしい情報を得て、そちらにお願いしました。
送料無料というのは、その分を買い取り価格から引いているわけで、決して無料ではないわけです。

いづれにしても顔の見える売買は、オンラインより安心します。
  1. 2013/09/03(火) 15:41:18|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相互リンク

インターネットの世界は本当に移り変わりが早いです。

ネットサーフィンという言葉が死語になりつつある今、
ネット上を渡り歩くことがなくなり、合わせて相互リンクが
悪となる時代がやってきました。

http://www.wakatta-blog.com/google-spam-new-link.html

SEOのもっとも有効な手段として相互リンクをやみくもに貼っているサイトが
沢山ありましたが、それらがすべて悪サイトとして評価されることに。

Googleの思惑に従ってSEO手法も変わります。
しかし、本当に有益なサイトは決して検索の順位が下がることはありません。

Googleの立場で考えれば当たり前なのですが、検索者がより良いサイトにたどり着かせるのがGoogleの仕事。
であれば、情報量、配置、内容などしっかりとしたサイト構築がSEO対策の王道といえるわけです。

サイト作成は基本とポリシーが大切です。
  1. 2013/09/02(月) 15:35:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

ベルソフト

Author:ベルソフト
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
書籍 (27)
地域 (47)
ベルソフト (136)
プライベート (42)
IT (60)
自己啓発 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR